ホームページ制作 広島 島根 東京 カンドウコーポレーション

お客様とその先のお客様を「感動のリボン」で結び繋ぐ ホスピタリティをデザイン・制作物に織り込める、たった一つの制作会社

高味 至星

フロントエンドエンジニア / ソリューションアドバイザー

高味 至星 (Webプロデューサー)

1966年生まれ。広島県出身。

1995年インターネットと出会い、その可能性に魅せられ、サラリーマンのかたわら副業としてWeb制作の仕事を始める。

1998年クールウェブ有限会社を設立。Web制作を中心に事業を展開する。
同年、伝説となっている福原との運命の出会いがあり、 以後カンドウコーポレー ションがプロデュースする
数多くのサイト制作にかかわることとなる。

HTMLコーディングに特化して、その技術を研いて行き、小田、柳谷らそれぞれ独特の世界観をもった
デザイナー陣とのコンビネーションは、数を重ねるごとに研ぎすまされていった。

2004年カンドウコーポレーションがオフィスを移転するのにあわせ、同オフィスの一角に移転。
会社名は違えど、「チームカンドウ」の一員としてサイト制作にかかわる。

2006年4月クールウェブ有限会社の業務をすべてカンドウコーポレーションに移管・統合し、
正式にカンドウコーポレーションの一員となる。

Web標準に準拠したサイト制作のフロントエンドを中心に業務を行い、 Movable TypeをプラットフォームとしたCMS構築も数多く手がけている。 MovableTypeは、現在CMSのスタンダードとして、国内で広く利用されるようになったが、
2004年、国内で開発者向けバージョン3.0が公開された頃からその可能性に着目し、 数多くのサイトに導入した実績を持つ。

その中で培ったノウハウの一部は、「Flash × Movable Typeで広がるサイトの可能性」として
Adobeデベロッパセンターに記事として紹介されている。

現在は、HTML5 / javascript / CSS3 から、CMSハンドリングに至るまで、フロントエンドの全てをカバーするフロントエンドエンジニアとして、また、クライ アントのWebサイト運用やICT全般のテクニカルサポート、さらには、Web サイト制作プロジェクトのソリューションアドバイザーとしても活躍している。

オリジナルCMSの開発においては、洗練された無駄のないフロントエンド設計を行うことで、
バックエンドとの絶妙な連携を実現しており、バックエンド技術者の信頼も厚い。
それらは、大規模商業施設の基幹システムと連携したサイト制作等、さまざまなプロジェクトにも活かされている。

社内でのポジションは、もっぱら「もしもし電話相談室」の相談員といった感じで、
プランナーやデザイナーの疑問、質問、要望になんでも答えようとする姿勢は、昔も今も変わっていない。