ホームページ制作 広島 島根 東京 カンドウコーポレーション

お客様とその先のお客様を「感動のリボン」で結び繋ぐ ホスピタリティをデザイン・制作物に織り込める、たった一つの制作会社

福原 勘二

取締役会長 / エグゼクティブ・ビジネスデザイナー

福原 勘二 (取締役会長 / エグゼクティブ・ビジネスデザイナー)

1961年生まれ。広島県広島市出身。

広島修道大学中退後、(株)リクルート、日産サニー広島販売(株)の採用・教育担当を経て、企業内の体質改善・採用・教育コンサルタント会社として、1991年2月有限会社オフィスCAN(現 株式会社カンドウコーポレーションを設立。
その後思い切った業態転換により、クリエイティブファームとしてのポジションを確立する。

現在は、『ビジネス・デザイン』をテーマに掲げ、商品やサービスの「見せ方」だけではなく、事業の戦略・戦術にフォーカスしたコンサルティング・スタイル(コンサルティングという言葉は嫌い)をベースに、クライアントの「結果=売上」を出すことにこだわり続ける。 ECサイトのショップオーナー向けセミナーの講師を務め、とりわけB to C(Eコマース)の分野での受講生の数は延べ500人を超える。

ホリスティックコミュニケーション(全体的視野からのコミュニケーション)を標榜し、紙媒体、Web、マスメディア、ソーシャルメディア、クチコミ…必要なもの全てを巻き込んだマーケティングの確立やビジネスデザインを得意とする。
「答えはクライアントが持っている」とクライアント内に担当者、若手メンバーからなるプロジェクトを作り、
「制作会社が作った」ではなく、「自分たちで作った」とプロジェクトメンバーが胸を張る制作スタイル(プロジェクティング)は、制作物以外の成果物も生み出し、多くのクライアントを虜にしている。

また行政、大手企業、中小・零細企業、ベンチャー企業の「企業内起業家の育成」「ビジネスプランニングの立案」
「自社ブランド構築」といった切り口で、企業内セミナーの講師依頼は後を絶たない。

全国で年間60回を超えるセミナー・講演の講師をしているが、「先生」と呼ばれるのが大嫌いで「先生」と呼ぶと話を止める習性があるので注意が必要。

公職・その他

  • 広島修道大学商学部非常勤講師
  • しまね産業振興財団「Webあきんど養成ジム」スーパーバイザー
  • ひろしま産業振興機構「中小企業・ベンチャー企業」支援専門家
  • e-あきんど倶楽部 顧問兼相談役
  • 株式会社日本食育コミュニケーション 取締役
  • 株式会社おいしいハート 相談役兼CSO

個人コンテンツ